Lv1プログラマの誰得メモ

総務女子の開発とか趣味とか自学に関係することのメモ

自分にとっての「天職」と「転職」

f:id:megsan:20180629163916j:plain
天職」と「転職
決してダジャレではありません。 ・・・ちょっとダジャレです。

成功者のドキュメンタリー番組を観ていると、ふと「自分にとっての天職って何だろう」と考えたりします。

職業柄、多くの転職者・退職者と話をしたり、私自身も学生時代を含め、様々な職業を転々としていますが、仕事に対してこの4通りを感じました

  1. 向いてる」そして「好き
  2. 向いてない」そして「嫌い
  3. 向いてない」だけど「好き
  4. 向いてる」だけど「嫌い

1. 「向いてる」そして「好き

それはまさに「天職」だと思います。
嫌いでない限り、自分の仕事は天職だと言えるようになりたいです。
(現時点でここには至っていない・・・)
もちろんお金もほしい!!!!

2. 「向いてない」そして「嫌い

転職」以外にどんな選択肢が?社内で異動が可能ならそれも視野に。
好きだったことが嫌いになって、このパターンになることもあるかもしれません。

3. 「向いてない」だけど「好き

人によっては「天職」とも言えるかもしれません。
好きなことを仕事にできるってちょっと羨ましく思えます。
業務の一部でこのパターンを経験しましたが、楽しかったけど同僚に迷惑をかけすぎて続けることは叶いませんでした・・・

4. 「向いてる」だけど「嫌い

私が悩んでいたパターン。「適職」ではある?
「向いてるよ!」「天職だよ!」と周りに言っていただけていましたが、正直続けるのが苦しかったです。
続ければ続けるほど、好きになるどころかストレスが・・・
その職に就きたくても叶わなかった人が身近にいたので、大きな声で嫌だとも言えなかったです。

私の場合

『すぐ「向いてない」と判断するな。 苦手なことも10年続ければ得意になる』

ある経営者がこう仰っていました。
この言葉に納得する方、納得できない方、ひとそれぞれだと思いますが、その言葉を聞いたときは私は「それだけ続けりゃ身につくわ」と理解はしましたが
10年も待てないよ!!と思いました。
好きなことならいいんですけどね、「あ、向いてないな、嫌だな」と思いながら10年って長すぎる。 「10年は例えだよ」と言われても、それくらい長期間耐えて努力を続けろという事なんだなと解釈したときに、私は無理だなと純粋に思いました。
長い人生、ほかにも生き方はあるんじゃないかな、とか、時間は有限、とか思うとね。
つまり「転職」をしました。

十人十色」という言葉が好きなのですが、その言葉通り、考え方は人それぞれです。
できるだけ後悔の無い人生にしたいですねぇ。