Lv1プログラマの誰得メモ

総務女子の開発とか趣味とか自学に関係することのメモ

のんびり1か月半でメンタルヘルス資格を取ってみた

お久しぶりです、こんにちは!めぐです!

なんやかんやありまして、今年「ナニモノデモナイ」から「総務女子」にジョブチェンジ致しました!ありがたや~(^^人)

 

ジョブチェンジして少し心に余裕が出てきたので、「メンタルヘルス・マネジメント検定」という民間資格にチャレンジしてみました。(取得したのは2種(ラインケア)の方です)

たくさんの方がこれから受験する方々に向けた情報を公開しているので、私はあくまで自分の覚え書き程度に、自分の試験勉強について書いていきます。

あまり参考にはならないと思いますが、あくまで一人の合格体験記だと思って読んでいただけたら嬉しいです。

 

受験資格:無し

問題構成:選択問題 2時間

合格基準:70点以上の得点(100点満点)

合格率:50~60%程度

 

勉強期間:のんびり1ヶ月半(5~10時間/週)

費用:テキスト代2冊 4,500円くらい(+受験料 6,480円)

 

公式テキストは買わず、【メンタルヘルス・マネジメント検定試験II種(ラインケアコース)重要ポイント&問題集】を使いました。

要点がコンパクトにまとめられていて、非常に見やすい!

色々なテキストをパラパラ読みましたが、個人的にはこれが一番読みやすいです。

(2017年に公式テキストに改訂があったので、版数に注意してください)

 

 

 

 

平日は昼休みに30分。ときどき自宅でも1時間。

休日でも、のんびり1~2時間くらいマーカーで線を引きながらテキストを読み込んでいました(もちろん忙しい日は一切テキストを開かない日も...)

分からないところもとりあえず読み進めます。

 

重要ポイント&問題集】を読み終わったら、あとは過去問をひたすら解く!

過去問題集は必須中の必須です!!

過去問は一問解いたらすぐ解答と解説を見て、重要そうな解説にマーカーを引く。

そうすると、頻出問題が何となく分かってきます。

 

 

 

過去問を一通り解いたら、もう一度【重要ポイント&問題集】を開き、過去問で間違いやすかった範囲を読み直す。そしてまた過去問を解く。

 

過去問題集は試験ごとではなく、単元ごとでまとまっているので、

試験会場では、苦手な範囲の解説ページを眺めてから受験しました。

マーカーが引いてあるので、重要なところは一目瞭然!

 

満点なんて取る必要ないのです!

7割取ればいいのです!!

 

・・・とは言っても、公式テキストからの出題になるので、時間がある方は公式テキストの購入をおススメします^^;

 

 

【2018/08/14 追記

取得後の感想も記事にしました。ご参考までに。

lv1meg.hatenablog.com