Lv1プログラマの誰得メモ

総務女子の開発とか趣味とか自学に関係することのメモ

メンタルヘルス資格を通して然るべき対応への知識を!

 メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種を取得して思ったことをまとめてみます。

この資格が気になっている方、受験しようと思っている方へ少しでも参考になれば嬉しいです。

 

↓勉強方法についての過去記事↓

lv1meg.hatenablog.com

 

結論を先に言うと、

「1万円」と「忙しくない1ヶ月」があるなら自分のために挑戦したほうがいい。

 

人事(採用担当)経験から、転職に特別有利というわけではないのが正直なところ。

ですが、昨今、私たちを取り巻く環境(社会、職場、人間関係等)によるメンタルヘルス不調者が相次ぐなか、自分を守るため他者を気遣うため、知っておいたほうがいい知識がこの資格にはあると思います。

 

メンタルヘルス・マネジメント検定の内容は、ストレスの原因・傾向やメカニズム、法律・制度、不調の早期発見ポイントなど、人事労務の観点からメンタルヘルス対策の推進をサポートする知識となっています。

カウンセラーやセラピストのような振る舞いが出来るというわけではありません。

 

2種ラインケア(管理職向け)では管理監督者の役割(職場環境、労働時間、職場復帰支援等)も含まれていて、個人的にはすべての管理職及び管理職候補の方に勉強して頂きたいです。もっと言えば、メンタルヘルスマネジメント検定を昇格条件に含めてほしい

うつは甘え」「気合が足りない」などとおっしゃる時代に取り残された方々もいらっしゃるので、ぜひ勉強する機会を企業は与えてくださいませ m(_ _*m

 

もちろん一般社員目線で考えても、メンタルヘルス不調のメカニズムを知っておくことでセルフケアも行えますし、制度を知っておくことでしかるべき対応をとることができます。

例えば「労働安全衛生法」では

事業者は、労働者の週40時間を超える労働が1月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められるときは、労働者の申出を受けて、医師による面接指導を行わなければなりません。

とありますが、これは労働者が申し出るものなので、そもそも労働者本人が知らないとスルーされる制度です。

 

冒頭で資格に挑戦するには「1万円」と「忙しくない1か月」と記載しましたが、資格取得までしなくとも、知識として持っておいた方がいい内容だと思っています。

 

重要ポイントがまとまったテキストもあるので、少しでも気になった方はお手に取ってみてくださいね。2,000円くらいです。

(引っ越しで本の断捨離した際も、このテキストは為になるので残しておきました)

  

 

 

 

【Thunderbird】メールもアカウント設定も丸ごと移行

2020年1月にWindows7の延長サポート期間が終了しますね。新しいUIに慣れずwin7を使い続けましたが、やっとWindows10へ買い換えました!
買い替えに伴いソフトの再インストール・データ移行は避けられず、複数アカウントを管理していたメールも設定もまとめてごそっと移行します!

公式サポートに移行方法が記載されていますが、ThunderbirdからThunderbirdへの移行ならもっと簡単な方法があります。

プロファイルを移行する公式アドオンを使う

プロファイルフォルダーは、ローカルに保存されたメッセージや、添付ファイル、アドレス情報、アカウトの設定、Thunderbird の設定、保存されたパスワード、タスク、カレンダーデータ、アドオンについての情報など、メールについてのすべての情報を保存しています。
Thunderbird のデータを新しいコンピューターに移動する | Thunderbird ヘルプ


このプロファイルをごそっと移行する公式アドオンを導入します。


移行元での作業

公式サイトからアドオン「ImportExportTools」をダウンロードします。
f:id:megsan:20180713010155p:plain

以下のファイルが保存されます。(バージョンによって数字は変わるかも)
f:id:megsan:20180723133154p:plain

Thunderbirdを起動して「アドオンマネージャー」を開きます。
f:id:megsan:20180723134519p:plain

プラグイン」の歯車マークから「ファイルからアドオンをインストール」を選択。 f:id:megsan:20180723153638p:plain

先ほど公式サイトからダウンロードしたファイルを開きます。 f:id:megsan:20180723145702p:plain

以下のメッセージが表示されたら「今すぐインストール」を選択。 f:id:megsan:20180723152120p:plain

処理が終わったら再起動を求められるので「今すぐ再起動」をクリックしてThunderbirdを再起動します。 f:id:megsan:20180723153435p:plain

Thunderbirdを再起動したら「ツール」→「ImportExportTools」→「プロファイルのエクスポート(保存)」を選択。 f:id:megsan:20180723163127p:plain

保存先のフォルダを選択して実行します(移行の画像撮るの忘れました;)
このフォルダを移行先のパソコンへUSBメモリ等に移してください。
(私の場合、4つのアカウントを管理していて、400MBくらいになりました)

移行先での作業

これまでの手順を踏まえ、以下の準備をします。

  • Thunderbird」のインストール
  • アドオン「ImportExportTools」のインストール
  • 移行元でエクスポート(保存)したプロファイルデータ


Thunderbirdを起動したら「ツール」→「ImportExportTools」→「プロファイルのインポート」を選択。 f:id:megsan:20180723181431p:plain

移行元でエクスポート(保存)したプロファイルデータを選択し、任意のプロファイル名を付けて「次へ」 f:id:megsan:20180723182124p:plain

インポートを開始して、終了したら「次へ」 f:id:megsan:20180723185139p:plain f:id:megsan:20180723185148p:plain

インポートが完了したら、「プロファイルマネージャー」を起動します。 f:id:megsan:20180723185421p:plain

インポート時に任意に付けたプロファイル名をクリックして「Thunderbirdを起動」を選択。
f:id:megsan:20180723185757p:plain

これで完了!!
メールのアカウント設定だけでなくアカウント毎の色分け設定も移行できてます~! f:id:megsan:20180723190153p:plain


アカウント毎の色分け設定については以下の記事をご覧ください。
lv1meg.hatenablog.com

スクリーンキーボード&タッチキーボードの無効化

f:id:megsan:20180715134158p:plain 何もしてないのに!勝手に出てくるようになったんです!!何もしてないのに!!
「いや、何かしたから挙動が変わったんだよ」と返す一連のネタです。
いや、でも本当に今回は設定変えた記憶がないんですよね・・・
入力エリア(検索バーとか)にカーソルを充てると画面にキーボードが表示されるようになってしまいました;

画面にキーボードが出る」とかで検索すると、
スクリーンキーボードが有効になっているので無効にしてください」とい回答と以下の手順が紹介されているのですが、私の場合、有効になっていなかったので他の方法を調べてみました。

結論、そもそも私が困っていたのは「スクリーンキーボード」ではなく「タッチキーボード」でした。
紛らわしいわ!!

以下の設定が有効になっている方は「無効」にしてみてくださいね。
スクリーンキーボードの場合、これで解決するはずなので、以降の記事は読まなくて大丈夫です。

スクリーンキーボードを無効にする

※OSによって多少画面は異なることがあります
(1) [Windows]キーを押しながら[U]キーを押下
(2) 「コンピュータの簡単操作センター」が開くので「マウスやキーボードを使わず~(略)」を選択
f:id:megsan:20180715135835p:plain
(3) 「スクリーンキーボードを使用します」のチェックを外し「OK」押下で画面を閉じる
f:id:megsan:20180715140517p:plain

タッチキーボードを無効にする

こちらはちょっと面倒です
※OSによって多少画面は異なることがあります
(1) [Windows]キーを押しながら[X]キーを押下
(2) 「コンピュータの管理」を選択
f:id:megsan:20180715143847p:plain
(3) 「サービスとアプリケーション」を選択
(4) 「サービス」を選択
(5) 「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」を右クリックして「プロパティ」を選択
f:id:megsan:20180715144650p:plain
(6) 「スタートアップの種類」を【無効】、サービスの「停止」をクリックして「OK」を押下
f:id:megsan:20180715145038p:plain

以上で設定完了です!

今回はwindows8.1の画面でしたが、OSによって画面が多少ことなったり、違う手順でも同じ画面を出すこともできます。

うーん、本当になんで突然タッチキーボードが出るようになってしまったのか、謎。